はくしゅおへんじ

最近テレビで子供や動物ものを見ると簡単に涙腺が緩んでしまうようになりました。
か、加齢……


追記から拍手お返事です。
いつもありがとうございます!o(_ _)o



続きを読む

パペット

1/27にキャラ文庫さんから『パペット』が発売になります。
今年最初の本になります。そしてキャラ文庫さんでは初めての本です。
現代もので、スパルタ編集と夢見がちな漫画家のお話です。
例によって病んでいます。病み度は歴代でも結構上かもしれません。ちょっと特殊な設定があるので…(『モンスターフレンド』より少しマイルドくらい?)病んでいるけれどさほどドロドロしていません。でもサイコパス。
一応ハッピーエンドです。
BL/シリアス/ダーク/依存/年齢差/体格差(デフォ)

挿絵はみずかねりょう先生です。とっても繊細で品のある素敵な絵を描いてくださいました!

どうぞよろしくお願いいたします!٩( 'ω' )و

【おまけ】
個人的病み度判定(BL)
モンスターフレンドパペット隷属志願mother罪の蜜あなたに赤い花を黒い傷痕言いなり兄弟シリーズ三人遊びいじめっ子あんたとお前と俺残心

つ、つかれた。古いものになると記憶があやしいぞ…(^ω^;)
コメディと時代物(戦国、江戸、近代)は同列で判定しづらいので省きます。
時代物は概ね純愛な気がします。コメディ枠は大体変態。


あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます!
昨年は皆様に大変お世話になりました…!
今年も、どうぞよろしくお願いいたしますo(_ _)o

本当は去年のうちに2016年を振り返りたかったんですが、ちゃんと仕事納めができず昨日まで作業をしていたので…^^;
2016年はこんなことをしていました。
____________________
2016/10/5 乙女小説『蜘蛛の見る夢』
2016/10/4 BL小説『浮気男初めて嫉妬を覚えました ーフェロモン探偵やっぱり受難の日々ー』
2016/6/23 ライト文芸『カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語』
2016/5/28 ドラマCD『言いなり』
2016/3/18 BL小説『情恋 ー乱世の蜜華ー』
____________________

2016年は初めてのことが二つありました。
小説派生のドラマCDと、ライト文芸というジャンルです。
ライト文芸という名前がつく前に一度それに似たものは書いたことがあったのですが、あの頃は何て呼ばれてたんだろう…。
小説4冊、ドラマCD1つという内容でした。
2015年は小説7冊出してたんですよね…もちろん発行のタイミングもあったと思うんですけど、出しすぎでした。も、もう体が追いつかない…(ヽ´ω`)
それに比べたら2016年はまともなペースだったかな、と思います。

2017年は、ずっと水面下で動いていたことがようやく発表できるかもしれません。
完全に新しい何か、というわけではないんですけれども。
小説の方は、相変わらず、BL、乙女、ライト文芸と闇鍋な感じで出していくと思います。やっぱり4冊くらいになるかな?

それにしても、作家さんの「今年で仕事を始めて○周年」というのを見て、私はいつからどう数えればいいんだろう…といつも考えてしまいます。
小説を書き始めたのは2008年なので、来年で10周年でいいのかな…?
ゲームから数えると、違う名前だった時のものも含めるのかな? とか…丸木名義だと、製品版を出したのは2006年からになるので、11年目でしょうか。あ、去年10周年って言い忘れちゃった!
ともあれ、これからもなるべく長く、ゲームなり小説なり、何か書き続けていけたらいいなあと思っております。
本当に色々な方にお世話になって、たくさんのご縁もいただけて、何だかんだとこのお仕事を続けていられる幸せを感じております。
何より私の本やゲームを買ってくださっている皆様のおかげでここまで来られました。こんなイロモノ汚物なのに気にかけてくださる方々がいて幸福すぎる…。
本当にありがとうございます!o(_ _)o
2017年も、どうぞよろしくお願いいたします〜! 頑張るぞ!٩( 'ω' )و




はくしゅおへんじ

ああ〜〜
今年が…終わる…
なぜこんなに早いのでしょうか…^^;

追記から拍手お返事です。
いつも本当にありがとうございます!o(_ _)o



続きを読む

はくしゅおへんじ

もう秋の空気ですね〜
秋花粉が激しすぎて、鼻がズタボロです…
去年もこんなにすごかったっけ…?

追記から拍手お返事です。
お待たせしてしまってすみません!
いつもありがとうございます!o(_ _)o


続きを読む

プロフィール
こちらは丸木文華の仕事情報などを掲載する雑記です。

丸木文華

Author:丸木文華

最新記事
Twitter
作品
カテゴリ
検索フォーム
リンク