FC2ブログ

『言いなり』ドラマCD

5/28に『言いなり』ドラマCDが発売になります。

小説派生のドラマCDは私にとって初めてのことで、お話をいただいたときはとっても嬉しかったです。
これまでゲーム派生のドラマCDや特典ドラマCDはやっていたんですが、それは一からシナリオを作るものですので、最初に小説で書いたものを音にされたらどうなるんだろう、ととても興味深かったです。

今日現物をいただいて早速聴いてみたのですが、これを作られたスタッフの皆さん、すごいなあ…と感動しました。
原作の小説ではさらっと書いていたシーンでも、実際に音にされると生々しさがすごい。
ぜひたくさんの方に聴いていただきたいなと思いました。
よかったら原作もどうぞ!


追記からネタバレ感想です。


いやー
すごい(こればっかり)

小説のドラマCDって聞いたことなかったんですが、ほんとにすごい臨場感ですね!
居酒屋で剛が公開072させられる場面とか、えぐ過ぎてびっくりしました。誰だこんなひどい話を書いたのは。
全体的に病んでますね〜〜怖い……爽やかなBGMが流れても怖い……。
興津さんの怪演がストーリーの不気味さを盛り上げています。すごい。
阿部さんの普段のチャラい演技と追い詰められる可憐さのギャップがすごい。
演出も素敵でしたー。こんな素晴らしいものを作っていただいて…感無量です。

ドラマCDなので声優さんたちが実際に掛け合いをしているのを収録するのですが、そういう現場って、私あったかなあ…?
コイビト遊戯のドラマCDのときはどうだっただろう…ちょっと昔過ぎて忘れてしまったんですが。
ゲームの収録は基本的に声優さんがお一人ずつブースに入って演技をされるので、こういう雰囲気は久しく経験がなくて、新鮮でした。
とにかく、男同士のまぐわう感じがすごい。最初に圭一が無理矢理剛にキスされる場面とか、戦争かって思いました。男と男のぶつかる感じが激しくて。
ここで乙女系の話を出すのもなんですが、そっちだと大抵主人公の声はないですし、基本的にヒーローが一人で語りかけているので、甘くて優しい雰囲気になるんですよね。それがBLだとこんな、こう、殴り合うような感じになるのか…と一人で頷いてました。BLはすごい。

本当に素晴らしいものを作っていただいて、感謝感激です。
よかったら皆様もぜひぜひ聴いてみてくださいね!^O^




スポンサーサイト
プロフィール
こちらは丸木文華の仕事情報などを掲載する雑記です。

丸木文華

Author:丸木文華

最新記事
Twitter
作品
カテゴリ
検索フォーム
リンク