【固定】拍手からメッセージを下さる企業様

【2017/4/21記】
『紹介』ページにもありますように、依頼受注をクローズしてからしばらく経ちます。
過去考えなしにいただいたご依頼すべてをお受けしていた結果、多々不都合が生じ、これ以上増やすことができないと判断したためです。
メールアドレスもとある事情がありまして記載を下げさせていただきました。
それでも拍手ボタンからご依頼を下さる熱心なメーカー様、出版社様おられます。
とてもありがたいことなのですが、現状ほぼお断りするしかない状況でございます。
出版関係の方ですと、時と場合によってお受けできる場合も稀にございますので、あのような注釈となりました。

今まではお断りするしかない場合でも、メールアドレスが記載してあった場合、その都度お返ししてまいりました。
ただご依頼の際にも本名でない(HNのようなお名前)、メールを出してもご返信がないなど、個人的に残念なことがここ最近重なりましたので、お断りさせていただく場合にはお返しをしないことにいたしました。
申し訳ございませんが、どうぞご了承くださいませ。
ご依頼くださる企業様には本当に感謝しております。どこかでまたのご縁がありますことを願っております。
ご迷惑をおかけしておりますことを、この場でお詫びさせていただきます。本当に申し訳ございません。


スポンサーサイト

【ライト文芸】小説家・裏雅の気ままな探偵稼業

11/17にオレンジ文庫さんから『小説家・裏雅の気ままな探偵稼業』が出ます。

こちらには、2015年雑誌Cobalt9月号に掲載されました短編『珠代』も含まれております。
時は大正、華族令嬢の茉莉子と売れない小説家の裏雅が主人公のちょっぴりホラーなお話です。
メインの二人は結構な変わり者で、和やかだったり物騒だったりちょっといい感じ?だったりするのですが、全編に渡って百合の香りが濃厚な一冊となっております。
美しい少女たちの愛情、嫉妬、憎悪、独占欲、殺意で構成された若干どろっとした雰囲気です。
表紙は笠井あゆみ先生が描いてくださいました。本当にイメージ通りの美しく、そして冷酷な二人です!
公式サイトで試し読みができますのでよかったらぜひどうぞ!

特典につきまして以下のものがございます。
【帯付属のQRコード】
・SS『醜い女』

【書店特典】
・アニメイト:SS『花の香』
・中央書店:SS『雪遊び』
発売日以降、店頭でご確認ください。
よろしくお願いいたします!


【BL】恋人の秘密探ってみました ーフェロモン探偵またもや受難の日々ー

11/2に講談社X文庫さんから『恋人の秘密探ってみました ーフェロモン探偵またもや受難の日々ー』が出ます。
フェロモン探偵シリーズの第四弾です。
今回は映に関わる重要な人物が二人ほど新登場します!
事件メインだった前回よりは人間関係がメインで、色っぽい場面なども多くなっております🤗
相葉キョウコ先生の挿絵もますます艶っぽく、可愛くなっていて眼福です!💕💕

今回は特典が色々ありますので、ぜひ公式サイトでチェックしてみてくださいね。

【初版限定】
書き下ろしSS「かつての君は」

【書店特典】
アニメイト:SS「俺の話を聞いてくれ」
コミコミスタジオ:SS小冊子「ネコの華麗な生活」
書泉:SS「とっておきの薬」



はくしゅおへんじ

涼しくなってきましたね!
冬はあっという間に来るんだろうなあ…

追記から拍手お返事です。
大変お待たせしてしまい申し訳ありません!
いつもありがとうございます!



続きを読む

カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む

7/20に集英社オレンジ文庫さんから『カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む』が出ます。

こちらは『カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語』の続編になりますが、前作を読んでいなくても理解できる内容にはなっていると思います。
大正時代を舞台にした華族令嬢と鬼の物語です。
今回は若干アクの強い新キャラも登場します。
前作よりちょっと粘度の高い話かもしれません。香澄のとある真実、そして朧の本音などが垣間見える話になります。
公式サイトで試し読みができますので、よろしければぜひ。

表紙は引き続きTHORES柴本先生の素晴らしい装画です。個人的にいちばん好きな花が牡丹なので、妖しくも華やかに咲き誇る姿に見惚れてしまいました。朧は今回は鬼神の姿です。すごい迫力です!

特典はコミコミスタジオさんでSSペーパーがつきます。
あとは本書にQRコードで読めるSSサービスがついております。

前作は35歳の誕生日に35冊目が出るというなかなかない作品でしたが、今作は通算40冊目となりました。
相変わらず切りの良い数字にご縁を感じております😇
なにとぞ、よろしくお願いいたします!





プロフィール
こちらは丸木文華の仕事情報などを掲載する雑記です。

丸木文華

Author:丸木文華

最新記事
Twitter
作品
カテゴリ
検索フォーム
リンク